安全性の高いインプラント治療

インプラントは、入れ歯よりも快適に過ごせる治療ですが、手術が必要になるため躊躇してしまう患者さんもいます。そこで、安全性を高めるために最新の技術が使われています。事前にCTを撮影することで、コンピューター上で様子を確認して正確な治療を行うことができます。また、インプラントに特殊な光を照射することで、手術した際に骨との結合を高めるという方法もあります。結合が良くなることで、しっかりと噛め、高い成功率につながることができます。最新の技術を応用することで、より患者さんが快適に治療できるような工夫がされています。

最新のインプラントの安全性

インプラントは比較的新しい治療ですが、常に研究が行われているために最新の治療方法が開発されています。チタンを骨に埋め込んで、その上に人工歯をかぶせるというのが基本的な治療方法ですが、最近の治療ではチタンを書こうすることで、骨と結合しやすくしています。チタンは金属アレルギーを引き起こすこともなく、安全性の高いインプラント治療が可能です。最近は少ない本数のチタンで、全ての歯を支えられるような治療法もあり、その分患者さんの負担を軽減し、安全性も高まっています。噛む喜びを回復する治療法として、入れ歯よりも快適です。

↑PAGE TOP